« PRイベント | トップページ | 保育園ミニライブvol.1 »

保育園でのミニライブ

玉松会のメンバーは尺八担当と、うた、三味線担当の二人です。
ライブは全体で30分程。
まず、三味線と尺八の楽器の紹介、材料や奏法など。
そして、小曲のソロ演奏、合奏。
メインは玉松会オリジナルの昔話に音をつけた、「音戯話」(おとぎばなし)です。
これまでに、「桃太郎」「浦島太郎」「鶴の恩返し」の上演を行ないました。
今月からの最新作は「鬼の橋」です。「大工と鬼六」という名前で知られているお話です。
このお話を持って、しばらく回りたいと思います。これまでの中ではたまこ自身は一番気に入っています。
「鬼の橋」はストーリーも単純だし、15分くらいの程良いところでまとまりました。
明日初演です。こどもたちにもどんな反応をもらえるか、とても楽しみです。

|

« PRイベント | トップページ | 保育園ミニライブvol.1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。