« 福祉施設訪問 | トップページ | ふれあいセンターにて »

玉松会ー実りの秋のはじまり

すっかり秋めいて、虫の音が夜空に冴え渡る季節になりました。
今年は夏が短かったので、虫たちもこころなしかのびのび鳴いている気がします。

今月は上旬が大変商売繁盛で(笑)あわただしく忙しく、続く中旬(寄席業界単語ではそれぞれ上席、中席ですが)は寄席が夜席だったので昼間は玉松会活動炸裂!!

久々更新で順にご紹介させて頂きたいと思います。

まずは13日。
同じ1%活動のいちかわFMボランティアさんのおかげさまで、FMラジオで活動紹介をさせて頂きました。各団体が10分くらいずつの出演で活動内容などをアピールさせて頂くものでしたが、日曜日で保育園がお休みのため、たまことまつさんで出演か子守りか!という究極のshine選択。
これまでずっとたまこが渉外として動いていたので、暗黙の了解でたまこがラジオ係か?というムードだったのですが、前日になってまつさん立候補。不思議なもので私もその方がいいかなと前日に思い始めたところだったので、すんなり役割分担。
うちで子ども達とラジオの前でどきどきわくわくで出番を待ちました。お話ししている時は少し緊張ムードのまつさんでしたが、願いが叶って演奏もさせて頂ける事になり、まつさんの「鶴の巣籠」を聴いた時はたまこも感無量です。最近なんだか音が安定して来たなあと嬉しく聴きました。
すこしでも多くのかたに尺八の優しく安らかな音色をお楽しみ頂ける様、今後ともまつさんの食による健康増進に陰ながら努めたいと思いますfuji

というわけで、無事ラジオ出演も終わり、いろいろ貴重な体験をしてきたまつさんでした。

余談ですが、ここ一年程、減農薬の5分搗きのお米にかえてからというもの(とたまこは思っています)まつさんの生命力のよみがえり、というべきか、かなりおとなしめ系だったまつさんが体力も気力も性格まで変わっていきいきとした活動を展開していて、びっくりしています。医食同源と思って色々勉強を初めて4年程、ゆる〜いマクロビオティックを楽しみ家庭内実験の繰り返しが、いよいよ功を奏したものか!!とたまこは嬉しい驚愕を味わっております。まだ体験されてない方はえ〜そんな食べ物で〜!?と思われると思います。(私もそうでしたし)

|

« 福祉施設訪問 | トップページ | ふれあいセンターにて »

文化・芸術」カテゴリの記事