« 保育園訪問ミニライブvol.13 | トップページ | 随之会Vol.1 »

「大工と鬼六」のはなし

私がこの昔話に初めてであったのは、TBSの「まんが日本むかしばなし」の放送です。父がラジオ放送をテープにとりためてくれていたなかのひとつで、創作の際も随分参考にしています。
この話は名前を当てると言う、言霊信仰につながったところと、鬼が水神様の性質をもったようなところが特徴だそうで、多くは東北の方に伝承されているようです。が、もとは明治時代に西洋の童話から、日本に移植されたものだそうで(インターネットでしらべたところ)、あら外国のお話!?と驚き桃の木山椒の木。外国のお話もピアノ、フルートをつかってやりたいんだけどなーと希望の種はいっぱいのたまこです。

|

« 保育園訪問ミニライブvol.13 | トップページ | 随之会Vol.1 »

文化・芸術」カテゴリの記事