« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

びば!打ち上げ!!@グレイトさん

玉松会ライブを終えて、前日から決めていた!お店に保育園から娘たちを迎え、全員集合で今年度無事大成長した会員の活動を喜び、感謝の夕食を頂きました。近所に昨年暮れ新しくオープンした、玄米カレーのお店、グレイトさんです。無農薬、減農薬の身体にやさしい食材で、玄米か、麺か選べるかれーメニュー。まつさんと娘たちは以前に出かけており、私とベビーは初めて!!やっと念願かなっての来店です。いつもは保育園からの帰り道によって、無農薬野菜を分けてもらっています。100円でかわいい野菜を手に出来るのもうれしいです。
こどもたちはこどもカレー。100%はもちろん、こどもに飲ませても安心なオレンジジュースに、カレーも野菜を煮込んでペースト状になったルーで玄米か麺を選べます。娘たちは麺がいいみたいです。
私達はグリーンカレー。まつさんはたっぷりキノコ、私は2倍野菜をとっぴんぐ。年度末打ち上げなので大盤振る舞いの太っ腹大蔵省たまこです。(笑)まつさんはお酒はかなり弱いのでふだんは飲みませんが、とてもうれしいときはなにかお酒を注文するのがパターンで、昨日はビールです。とても美味しそうに飲んで赤くなっていました。
ゆったり大満足のひとときを過ごさせてもらって、みんなでにこにこです。
美味しいものを頂くときはやはり、感謝の念がいつもより多く湧いてくるし、丁寧に味わって食べようと言う気持ちも自然と湧いてきます。結果よく噛んで食べるし、そんなことだけでも、気持ちは本当にリラックス&リフレッシュ。すっかり元気になったたまこです。これからは、パワハラにも!様々なストレスを楽しくクリアーしてますます成長できる予感!がします。(ますます楽天的!前向きになるぞ)
良いものを適正価格で。というのが、これからの時代のキーポイントだと思いますが、いかがでしょうか?
京成真間駅すぐの玄米カレーグレイトさん!おすすめです。ぜひお近くのかた、お出かけください!!
まつさんの尺八ライブのチラシも置かせて頂きました〜!多謝!
あ〜おいしかったです!しあわせ。


| | コメント (0)

玉松会邦楽ミニライブ終えました!!

このところ寒い日があったり、雨霰が降ったり、天候がいまいちお花見日和でなく、、だったので、そんな天気と連動して、ライブどうなるかな〜と、こころも雲が出ていた気がします。cloud
ところが昨日は朝から晴天に恵まれ、おひさまきらりんsun。ありがたいことです。
開演中の末っ子ベビーの見張り役を(泣いたら外に連れ出して頂くという大役。。)をご近所のかたにお引き受け頂き(多謝!)大幅にこころの荷がおりて、ベビーともども会場へ出陣。実際中へ入ったことがない場所だったので、どんな風に音が響くか、どこを前にするか、イスをどのように並べるか、いろいろ試してチェックです。アイリンクホールという今回の会場は、JR市川駅南口に新しく立ったタワービルのイーストと言いますから東側ですな、(ちなみに西側は、45階に市民向け無料展望設備があり、わがやもちょくちょく行っては憩っております。富士山も、江戸川も、東京湾も、我が家も見つけることが出来、とても眺めが良くてお気に入りスポットです。玉松会ライブもさせてもらえないかな〜と思います。)エスカレーターに運ばれた3階にある、イス50脚の設備のある、フロアールームです。一面が鏡ばりで、踊りのお稽古が出来るようにバーもついています。他3面はガラス張りでカーテンを開けると外からも中の様子が分かるし、光に溢れている何ともオープンなスペースです。残念なことと言えば、イスを利用する場合は床保護のためゴムのシートを全床面に敷くため、音楽には向かないかも(笑)音を吸収されてしまって響かないのです。会場の予約も1ヶ月前からしかとれないので、宣伝、準備期間を考えると、つらいところです。
カーテンを目一杯開けて、鏡のカーテンも開けて、なんとか響きを確保。イスも25脚程用意して、まあせまくなくゆったり座れる感じにセッティング。何もかも自分たちでしないと行けないところが、玉松会の今後改善点で、次回の1%事業のライブのときは、広報でボランティアスタッフを募ろうと思います。ライブ活動を長く続けたいから、サポーターさんを募集です。

さてさて、準備期間が超短くて宣伝活動も大々的には(広報にのせたりとか、)出来なかったのですが、有り難いことに、口コミのお客様で、満席になりました。
昨日は初試みで、長唄「松の緑」(玉松会だし、、市川は松が大事なので)を、まつさんにもつきあってもらいました。こういう格調高い曲だと、尺八を入れても違和感がないということを発見。お客様にも好評でした。何で一緒にしないのかしら、とまで!(長唄三味線は通常尺八とは絡みませんので)

季節のもの、そして、楽器の紹介。まつさんは自分でつくっているので、尺八の制作の話や、竹についての話をうれしそうに語りました。音色が一本一本違うこと、それをゆったり楽しむこの贅沢なひととき。こころのお洗濯&お陽様シャワーを浴びるような、癒しの空間ですheart02
ほかには朧月夜やさくらさくらのお客様参加型ナンバー、いろいろ私達もゆったりと楽しみながらあっという間の45分でした。

日常ふだん耳にする音が、工事の音、車の音、機械の音がいつのまにか大きいパーセンテージになっている現代。耳は聞きたいところを選んで聞きますが、(地獄耳になったり馬耳東風だったり)ひとが手仕事で出す音、ちょっとむかしの生活の音は、けっしてじゃまになるような音たちではありません。小気味よい、生き生きとした、命の音です。木で作られた道具が多かったことは大きなポイントです。
そんな音のひとつとして町に三味線の稽古の音というのも交じっていました。私達の意識しない、日本人としての音の記憶が、身体にねむっています。わたしたちのライブで、そんな「和」の部分をちょぴっと刺激して、ゆるやかなきもちと身体を少し取り戻すお手伝いが出来たら、と思います。
日本が、本当の日本に、戻っていったら、これってかなり素敵なことで、実は大きなことだなと、、
こつこつ私の出来る事に励んでゆきたいたまこです。

終演して、この2週間準備に心を砕き固まっていた部分がにゅ〜っと融けた感じで、どっと疲れ(でも15分くらいの自覚症状)片付けたあと施設の係の方にお礼を言って、ふらふら寄り道しながら(これは疲労回復の大きなポイント)家路についているうちに元気も回復。
そうしたら不思議なことに!!!お母さん大学で知り合った、近所に住んでいるだろうと思われる新しいお友達に、道ばたで「ひょっとして、たまこさんじゃありませんか?」と声をかけられました!すごいでしょう!まだ会ったことがなかったのに、道ばたでですよ。偶然だけどすごいな〜。たまこは着物を着ている関係上、ベビーをおんぶし、もんぺをはいて白足袋に草履を履いて、母のお下がりのわた入れのねんねこを着て、三味線もって町を歩いていたので、「かなりめだってたのでもしかしてとおもって〜」発見して頂きました(笑)目立つんだこれって、、と、学習flair。そう言ったらまつさんが、そりゃそうでしょ!ですって。そうなのか。
話はそれますが、ねんねことか、亀のことか、私にとってはこどもとつきあうのにはかなりshine必須アイテムです。ねんねこ着て歩いていると、私の親世代の方に必ずと言っていい程声をかけられます。昔これを着て子育てした、という懐かしいうれしい会話が盛り上がります。こんなひとときは私も、相手の方もお母さんビーム光線がお陽様に向かって伸びまくる楽しい場面です。わたしはわた入れのねんねこを実母と義母から譲り受け、さらに単衣のねんねこも実母から譲ってもらって愛用しています。今、こんなの売ってないんですよ〜って申し上げるのですが、どうも昔はオーダーメイドだったのかな?ものが少なかったかもしれないけど今からするとリッチな面もありますよね。昭和は。
昨日初めてお目にかかれたそのお母さんはとても素敵な方でした。お母さん友達が出来てとってもうれしいです。本当にこのごろどんどん新しい方と巡り会い、世界がどんどん広がっています。わぁ〜すご〜い!といっているうちに、はや今年も1/4を過ぎ、さて明日からの2010年度はどんな楽しいことが出来るかな〜。
楽しみを大きくするために、慎むところは慎んで、大きく飛躍したいと思います!
来年度もたまことまつさんをどうぞよろしく〜!
毎度ありがとうございます!!

| | コメント (0)

三鷹へ突撃 @はちのこ玉松会ライブ!

急展開で、大好きな先輩のかかわるフリースペースでライブさせていただけることになり!保育園、学童のみなさんに玉松会ライブを聞いて頂きました。あかちゃんから大人まで、満員の会場は熱気に包まれ、とても集中して聞いてもらえ、感謝感激のたまことまつさん。おいしい食事を頂きもうこれ以上のしあわせってないですわ〜。我が家のこどもたち3人もみなさんにまざって大興奮で遊びに参加。とてもとてもこころの和む、のびのびした心地よい素敵な素敵な場所でした。たまことまつさんもこんな活動をした〜いというものにあふれ、あぁ素敵!フリースペースにはカフェも隣接されており、そこがまた素敵すぎる場所。メニューも全部たまこの憧れの美味しいものづくしです。三鷹市です。お近くの方、こっそり場所をお教えします。たまこにご連絡くださいheart02

| | コメント (0)

偶然とはいえ…

重なるときは重なるものです。
春分連休の月曜日、我が家へ私達夫婦への取材の方が来宅。このところ思ってきたことをいろいろしゃべり(2回目なので、更に整理された!)熱く夢を語り、今を語り、さらに希望をつよく明確にもったところです。
翌日火曜日、たまこライブ超長いばーじょん!なんと2時間をひとりで、というものに初挑戦。はじめ2時間と伺ったときはさすがにひるんだのですが、実際やってみると、あれ!もうこんな時間??というわけで、、勉強になりました〜!と同時にますます仕事をこころを込めて勤めようという気になりました。
という感じに予定が入っていたところへ、なんと!お母さん大学のお母さん業界新聞の「夢宣言!」コーナーへの掲載依頼です。早速原稿執筆&写真撮影!なんでしょうね!?4月号に小さくのる予定です。お近くでお母さん業界新聞を手に入れられる方は、ぜひぜひごらん下さいませ!
ということで、これからの希望の活動を徐々に明確なヴィジョンを描き足しつつあります!明文化されずにおなかにもっていたものがぴょこぴょことつくしんぼの様に出てきましたhappy01
あとはこつこつ実践あるのみです。楽しみです!!

|

こんにちは!玉松会です!!!

ようこそ 玉松会です!

玉松会とは…
たまちゃん(まつもとたまこ 唄・三味線)と、
まつさん(松本浩和 尺八)の二人による音楽ユニット。
市川を拠点に音楽活動を展開中!!
2009年度は市川市1%市民活動支援事業に参加、市立保育園を訪問し、楽器の紹介、演奏、玉松会オリジナルの「音戯話(おとぎばなし)」(昔話に音をつけてます)こどもと和のこころを探るライブのボランティア活動も実施(今年度3/17現在16園訪問)。
ほか福祉施設でのライブなど和の音色とともにこころ和むひとときをお届けしています!

「たま」ちゃんと「まつ」さんなので、玉松会ですが、市川はなんといっても黒松が大きな存在。そんな松を愛でる言葉「玉松」を会の名前に掲げました。


★メンバー紹介★
たまちゃん(まつもとたまこ)
3児の母。野草と鉄棒と工作の好きな幼少時代。遠泳は敬遠だが、連続逆上がりは10秒間に8回(小3)なタイプ。5歳よりピアノを習い、合唱部、吹奏楽部(フルート&ピッコロ)オペレッタクラブなど、音楽とともに成長。大学で教育音楽を専攻しながら三味線と出会う。在学中は国費派遣でウィーン音楽大学に留学。念願の勉強!うたとしばいとおどりに明け暮れ、驚異的成長とまじめな性格を認められ?特別賞をもってミュージカル専攻科を修了。大学卒業後は音楽の教員を2年。フリーターと三味線弾きこもりの2足のわらじ2年。国立劇場寄席囃子研修2年をへて、寄席囃子の道へ。

まつさん(松本浩和)
両国は千歳町の尺八工房まつもとの主。尺八を作り(製管師)演奏して日夜研鑽に励む。古くからの十割製法もてがけ、ストイックに尺八の根源を見つめた浩和銘尺八の音色には海外からのファンも。大学では芸術学美学専攻。(卒論テーマは「ジョン・ケージの偶然性の音楽」)陸上部出身ながら西洋音楽にも興味が深く、音源鑑賞と収集には目がない。学生時代には長髪長ひげで一時おやじ太りしたが、草食系たまこ料理でスリムに!。好きなものはラジオ、ヤンノー、カッターシャツ、お茶の稽古。もの静かでおとなしめ系だったが、保育園訪問を機に寝た子が起きたか、市川で月一のソロライブを開始、(市川にもゆかりの)「万葉集」の中から一首選び、創作音楽にも取り組んでいる。 暦を側に置き 、竹と和のこころへ強い憧れをもつ3児の父。
ブログ「尺八工房まつもと」http://blog.goo.ne.jp/hirolabo

どうぞよろしくおねがいしま〜す!!

|

まつさんの尺八ミニライブ第6弾

3/19(金)
昨日まつさんのライブにおじゃましました。
保育園のママ友!がエステサロンをオープンしたので、お祝い&勉強&楽しみがてら、朝娘たちを送った帰りに寄り、メイクをしてもらって!!!の参加です。
会う方みんなに今日はどうしたの?と言われ(笑)そんなに違うものかと、あらためて感動。何事も勉強です。
さて、今回は何を弾かせてもらおうかずっと悩み、練りにねっての出し物でした。
いつもはお客さんの顔を見てからうたうものを決めていましたが、今回は唄も、順番もしゃべる内容も決めて、稽古しました。
もっともっと稽古したい。稽古すればする程そう思うものでしょうか。あ、あれを調べたい、あれを知りたい、と思うし、名人の音源を聴けば、おぉ〜こんなことをされているのか!と発見があり(発見できないこともある、ただ圧倒されて)本当にこういう時間はしあわせです。それをこどもたちの居ない間(寝ているときとか)おしめをあらう、ほす、たたむとかの家事の合間にやるのだから、やはりもっともっと工夫せねば。いろいろ試していますがすこしずつ成長しています。成長すると決めたんです。さすれば成長するしかありません。upwardrightflairshineannoy
いつも、まつさんに会場をおかしくださるオーナーのお姉様。そして、すご〜〜〜くおいしくて、愛情が溢れてて、創意工夫の一品ものお菓子をお客様のために作ってきてくださるお姉様。お二方のご恩に報いるには、何より私達が、藝も人間もこすって磨いて成長するしか、感謝を示せる法がないな〜と涙を流しつつ感じております。恐れ多いことです。
前進あるのみ!!うにょうにょ動いていてもしっかり歩きます。がんばるぞ〜〜!


| | コメント (0)

玉松会邦楽ミニライブ!!3/30

1%市民活動支援制度事業で、邦楽ミニライブを3/30(火)午後2時開演で行います!!
場所は市川駅前、i-linkアイリンクホールです。南口駅直結で、3F行政サービスセンターの並びです。
楽器の紹介、演奏で、ほっと一息和の音色で和みませんか?
以下チラシより文字だけコピーです。

邦楽ミニライブ!
2010〜春〜  
赤ちゃんも!だいぶ前に赤ちゃんだった方も(笑)どうぞ!


みなさんこんにちは!玉松会(たままつかい)です!
まちに待った春がやってきました。
お花見シーズン真っ盛りの春休み!
和の音色でご一緒にひといき!いれませんか?
 
 日時)2010年3月30日(火) 午後2時 開演
     (会場は15分前です)
 場所) 市川 i-link (アイ*リンク)ホール 全30自由席
     市川駅南口すぐ ザ タワーズ イースト3F (047-704-3120)
入場料)高校生以上500円 のワンコイン!(中学生以下無料)
   

たまこ(うた、三味線)と まつさん(尺八)の玉松会ミニライブ!
ぜひお気軽に、お誘い合わせてお立ち寄りください!
約45分のミニライブです。
三味線、尺八を目の前で聴いてください!
何かがかわるはず!?
みなさんのこころに春を!!
 
楽器の紹介や端唄、俗曲、長唄のひとふし〜尺八本曲まで
ちからいっぱい 和やかに べんきょうさせて頂きま〜す!

    ご予約、お問い合せは 玉松会の松本まで
     (tel/fax) 050−3103−3427      


ご予約おまちしておりま〜す!!
                    
                   (当日は070−6651−4769)
   E-mail tamamatsukaiここにアットマークyahoo.co.jp

| | コメント (0)

長女の保育園卒園式を終えて

お母さん大学のレポート?(日記です)から。

長女(第1子)を迎えてこの6年9ヶ月の様々なことを思い、
ほんとうに感無量です。
そしてこれからが本当に楽しみです。
いつもの元気いっぱいの様子と違い、一張羅を着て!
やや緊張した様子で、何度も何度も練習した通りに入場、
ことば、うた、母たちも前もって式の間は泣かない!と
先生から打ち合わせ注意事項があったのですが
(そんなむちゃな、笑)、
こどもたちを見て、こえをきいていると、やはり熱くこみ上げてくるものがあります。
でも自分のことを思うと涙が出てしまう気がして、、(一つの気づき、)
この晴れがましい場をこころから祝福したいと意識しておもっていると、顔は自然と笑みになります。
禁じられてはいましたが!この涙は、なにかを洗い流して
新しい風を入れてくれるものでした。
すがすがしく、新しく、新たな一歩を踏み出す、
本当に良い式を経験しました。
私も背筋が伸びたし、ご飯もよく噛めるようになり、
暴飲暴食もする気も起こらず(今のところ!)
感謝の気持ちがこころに静かに染み渡る心地がします。
 ともに涙を流して、やっと楽しくなってきたところで、
卒園後は違う小学校へバラバラになるのは、
とてもさみしいけれど、何かの形でこれからも、
繋がって助け合い喜び合いたいな〜と思います。

マザーテレサの映画を撮られた千葉監督の本の中で、
マザーの動きは「こまねずみのよう」と表現されていて、、
これだ!!!!!と思いました。
こまねずみのように、我の入る余地がないように動くと、
仕事のスピードが上がりたくさんのことが出来ます。
無駄なことをしなくなります。
だらだら魔神の誘惑も聞こえないくらいになります。

 こまねずみのように、動くためにはしかし、
健康な心身が要ります。
そのためには、生活を律して鍛錬が要ります。
どれも、楽しい鍛錬です。
つらいかもしれないけど、それも楽しいと思える気がします。。

この1年、もっと正確に言うと2008年6月から、
何故か私は救われて、気の軽い、晴れやかな気分の方向へどんどん進んでいます。念願の東洋医学、東洋思想のタオ指圧を習い始められたこと、保育園訪問の玉松会邦楽ライブを進められたこと、3人目の長男を迎えられたこと。
次から次へと新しいご縁を頂き、人と人の和が広がっています。
長男妊娠出産を経て、それまでは、ひとと普通にコミュニケーションしてるようで、わたしはこころを閉ざしていたんだなと、きづかされました。本当に心を開けなかった。恐れの感情が強くありました。3人目のこどもを迎えて、自分でもいろいろと考えて、また、こどもたちにきづかされて、一皮むけ?たというか、鎧を脱いだと言うか、楽になりました。

思いは、行動でしめしたい。
思っていても、できていなかったら、やはり口だけです。。
かなり私は口だけな部分が多かった。
それは、ほんとうに、そうしたいと、思っていない、と言うか、
思いが足りないわけです。まあいいやと、どこかで思っている。
言っている分、少し出来た気にもなって、でもやってないのだから
余計たちが悪い、希望へは逆に更に遠くにいることになる、ということに、気づかないフリしてたけど、、振りが出来なくなる程、気がつきました。

保育園を訪問しての邦楽ライブを今月も3園実施しましたが、子どもたちのつぶらな目、まっすぐ伸びるんだ!と言う、成長よくのすばらしさ、これは万人にある、少しでも成長しようといううつくしいこころであるとおもいます。いつもいつもぎゃくにパワーを貰って、いろいろ教えられて帰るこの活動をとおして、また他の所へご恩返しを!と思います。

ああ、嬉しい春を迎えました。
たまこ

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.16

今年度最後の訪問になりました。K保育園です。
4、5歳児のクラスのこどもたちに集まってもらいました。
なんともかわいい。ほんとうにいつもかわいいかわいいってすみません。かわいいんです。
ホールにアコーデオンカーテンがあり、今回は幕を使って!登場の玉松会です。じゃじゃ〜ん。
さわぐことも無く落ち着いて集中してくれます。すてきです。すごいエネルギーを感じます。
おわっても、(あまり無いことですが)、こどもたちから、「あんこ〜る!あんこ〜る!」と、催促を頂き、(慣れてるのかな 笑)みんなでどんぐりころころ(三味線尺八伴奏で!)を歌いました。
たのし〜。
ほんとうに、この一年、貴重な勉強をさせてもらいました。
やる度ごとに、発見があり、パワーを貰い、おわって帰る足取りは軽く、本当だったら(懐も許せば)毎回祝杯でお昼ごはんを食べたいくらいで、、、仕事をせにゃなりませんから、そんなこともいえない訳ですが、、、(笑)
今年度は16園訪問できました。お産を挟んでしまってちょっと活動できない時期があったので、全園は叶いませんでしたが、来年度も1%の活動に申請を致しました。通るかどうか分かりませんが、いろいろ計画しています。
ぜひ今後とも玉松会ご支援いべんとご参加、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

お誘いを頂き

近所の福祉施設へ三味線を聞いてもらいに、サロンへおじゃましました。すてきな演歌歌手の方のコンサートの前座役です。とってもすてきな男性歌手でふるさとへの熱い、大切にしたいという思いがあふれていらっしゃいました。たまこはちらっと春の小曲を聞いて頂きました。前座させて頂いて勉強になりました〜。何かたまこの中でぷちんflairと生まれました。何でしょうね。新芽の予感です。
施設代表の方がまたとてもパワフルな素敵な方で、こころから私達の活動を応援してくださり、あたたかい言葉をかけて頂きました。ずどんとたまこのこころへ届いたそのあたたかさで、たまこは熱くひとり感涙です。あたらしい方と巡り会い、おたがいにこころを通わせて交流出来ることの有り難さを味わいました。よちよちあるきの私達に「発展まちがいなしよ〜!!」と超前向きに引っぱってくれる言葉を頂き、言霊信仰の「大工と鬼六」に取り組んでいるたまことしては、タイムリーに、ほんとうに、良い言葉に導かれる、ということを実体験!言葉はたいせつですね。私もそんな言葉を選びたいと思います。
おかげ様で、難航していた1%事業の玉松会邦楽ミニライブも開催の運びとなりました。どのくらいのお客様にお運び頂けるか、、心配せずに良いライブになるよう準備にこころ砕きたいと思います。

|

保育園訪問ミニライブvol.15

3月11日
今度はうちから3本の指に入る近い(といっても結構ありますが)S保育園。
我が家の子どもたちの保育園を検討する際に見学に行っているので、会場や雰囲気は把握しています。
近いので早い時間から始めるよう設定し、あかちゃんたちにも聴いてもらうことができました。
みんな興味津々に見守ってくれる、始まる前の時間も、たまこはけっこうすきなのです。
それまでは注意して音を出さないようにしています。どんなおとがするのか、期待をパンパンにしてもらいたいからですhappy01
三味線は、糸が3本かかっていることを確認してもらって、太い糸、中くらいの糸、細い糸、それぞれの開放弦の音を聞いてもらいます。口三味線(チントンシャン、っていう感じの、われわれの楽譜のようなものですが)も紹介し、本当にそう聞こえる!!!って、みんなで納得するのもたのしみのひとつです。
今回は、心の中のたねと、お花のお話をしました。こういう感じの話は微妙なもので、アヤシい宗教関係者か?と思われるのがいやで、控えめにしていたのですが、(そういう関係は玉松会はありませんです、、)でも、こころの育て方というか、、自分のこころとのつきあい方というか、、たまことしては、やっぱり音とも切り離せないことがらなので、、お話ししました。みんな静かに熱心に、あやしむことなく!!(笑)聴いてもらいました。(ほっとする。)
園長先生にも「うちの孫にも聴かせたい」と仰って頂き、(これはたいへんな賛辞です)有り難い限りです。幼稚園教育、保育園、など幼児期の教育の話をすこしして、あらためて、とても興味深い分野だし、もう少し関わってみたい、学びたいと思うたまこであります。

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.14

久しぶりでした。今数えたら間が3ヶ月空いてしまっている。
お産をしたり、随之会演奏会をしたり、、で、動きづらかったのです。
(動きづらいのはまあ、未だにですが)
多分うちからだと、いちばんとおいかな〜というS保育園です。
保育課の方とも相談の末、2ヶ月の息子も連れて、、の訪問ですが、案ずるより産むがやすし。。
先生方に息子もついでに見て頂きながら(感謝!!!)よちよちのちびっこちゃんたちクラスからこの春小学生の年長さんまで、たくさんのつぶらな瞳に久しぶりに会う事が出来ました!
いつもどおり、楽器の紹介を三味線、尺八交互にして、小曲を交互に演奏、集まったホールはとても響きの良い空間だったので、その場でまつさんには「アメージンググレイス」をリクエスト。こういう曲だと先生方には親しみがあるし、こどもたちもゆ〜ったりなムードが生まれます。
「なすかぼ」(なすとかぼちゃがけんかするという歌詞の俗曲)のあとに、ケンカについて、そのこころについて、話して言霊信仰のかけら、名前について、のおはなしをいつもしていたのですが、なんとなく今日はせずに、、「大工と鬼六」に入りました。

こころの中にはたーーーっくさんのたねがあって、やさしいこころのたねもあれば、いたずら心のたねもある。やさしい心のたねからはみんなの好きな色のきれいな花が、いたずらいじわる心のたねからは、くろくてこわい花が咲きます。みんなのこころのお花畑にはどっちのお花を咲かせたいかと問うと、当たり前ながら「やさしいこころ〜!」って返事が返ってきます。(ここはどこの保育園でもたまこは感動する)どちらのこころも全員にあるから、もし自分の心に嫌な方のこころをみつけちゃったときのおまじないがふたつあります。と紹介。
ひとつはみんなが生まれたときつけてもらって、おじいちゃん、おばあちゃんになるまでずーっと使う「なまえ」。たまちゃんが悪い子していやな花が咲いてしまっても、「たまこさん!」て名前を呼ばれると、たまちゃんはハッと気がついて黒い花はしゅるしゅる〜って消えてなくなります。そしてよんでくれた人と、いたずらっ子のふたりのこころに、やさしいたねからの花が咲くよ。みんなのなまえはまほうのおまじないだよ。
もうひとつ、「ありがとう」っていうことば。やさしいこころとやさしい心の合い言葉。ありがとうっていわれたり、いったりすると、こころのお花畑はと〜〜〜ってもきれいなお花が咲くんだって。ってこれ、たまちゃんのおばあちゃんから聞いた話として、子どもたちに聞いてもらっていたんですが。。

今度はやっぱり話してみます。。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »