« まつさんの尺八ミニライブ第6弾 | トップページ | 偶然とはいえ… »

こんにちは!玉松会です!!!

ようこそ 玉松会です!

玉松会とは…
たまちゃん(まつもとたまこ 唄・三味線)と、
まつさん(松本浩和 尺八)の二人による音楽ユニット。
市川を拠点に音楽活動を展開中!!
2009年度は市川市1%市民活動支援事業に参加、市立保育園を訪問し、楽器の紹介、演奏、玉松会オリジナルの「音戯話(おとぎばなし)」(昔話に音をつけてます)こどもと和のこころを探るライブのボランティア活動も実施(今年度3/17現在16園訪問)。
ほか福祉施設でのライブなど和の音色とともにこころ和むひとときをお届けしています!

「たま」ちゃんと「まつ」さんなので、玉松会ですが、市川はなんといっても黒松が大きな存在。そんな松を愛でる言葉「玉松」を会の名前に掲げました。


★メンバー紹介★
たまちゃん(まつもとたまこ)
3児の母。野草と鉄棒と工作の好きな幼少時代。遠泳は敬遠だが、連続逆上がりは10秒間に8回(小3)なタイプ。5歳よりピアノを習い、合唱部、吹奏楽部(フルート&ピッコロ)オペレッタクラブなど、音楽とともに成長。大学で教育音楽を専攻しながら三味線と出会う。在学中は国費派遣でウィーン音楽大学に留学。念願の勉強!うたとしばいとおどりに明け暮れ、驚異的成長とまじめな性格を認められ?特別賞をもってミュージカル専攻科を修了。大学卒業後は音楽の教員を2年。フリーターと三味線弾きこもりの2足のわらじ2年。国立劇場寄席囃子研修2年をへて、寄席囃子の道へ。

まつさん(松本浩和)
両国は千歳町の尺八工房まつもとの主。尺八を作り(製管師)演奏して日夜研鑽に励む。古くからの十割製法もてがけ、ストイックに尺八の根源を見つめた浩和銘尺八の音色には海外からのファンも。大学では芸術学美学専攻。(卒論テーマは「ジョン・ケージの偶然性の音楽」)陸上部出身ながら西洋音楽にも興味が深く、音源鑑賞と収集には目がない。学生時代には長髪長ひげで一時おやじ太りしたが、草食系たまこ料理でスリムに!。好きなものはラジオ、ヤンノー、カッターシャツ、お茶の稽古。もの静かでおとなしめ系だったが、保育園訪問を機に寝た子が起きたか、市川で月一のソロライブを開始、(市川にもゆかりの)「万葉集」の中から一首選び、創作音楽にも取り組んでいる。 暦を側に置き 、竹と和のこころへ強い憧れをもつ3児の父。
ブログ「尺八工房まつもと」http://blog.goo.ne.jp/hirolabo

どうぞよろしくおねがいしま〜す!!

|

« まつさんの尺八ミニライブ第6弾 | トップページ | 偶然とはいえ… »

文化・芸術」カテゴリの記事