« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

保育園訪問ミニライブvol.20

市立保育園も残すところもうすこしで全部廻れそうです。

今日伺ったM保育園はまわりが、どひゃーっ、と畑!という、何ともおだやかな、のどかな環境。
すてき!市川にこんな場所が〜、っていうくらい、素敵な環境です!

今日は暑かったので、多分いつもみんなで集まるホール、ではなく、冷房のきく教室に、3、4、5歳児クラスのみんながところ狭しと集まってくれました。

何ともはや!くりくりまなこで素直で柔らかくて、素敵な表情のこどもたち。
三味線、尺八の音を、一生懸命全身で聴こうとしてくれているのがよくわかりました。
そのおかげあって、みんなのからだに入った音が、からだを通ってまた活き活きとしたエネルギーになって外に出て来てみんなの間を自在に通って、なんだかとっても元気な空気が生まれました。
いつものお花のお話、妙に話していて手応えがあって(よく理解してもらえていて)
とても、保育園で園児に話している、という感じじゃなかったです。。
不思議だなあ。

玉松会ライブが終わって、早速!本棚から大工と鬼六の絵本を探して、先生に読んでもらおうとせがんでました!リピートは大切happy01
たまこはうれしかったです。
楽しかったけどもういいやってんじゃなく、今度は絵本でもう一回!って、すてき!

雨にも降られず、外は真夏の様に暑い中、無事帰路へ。
帰る道々、アスファルトの道ばたの1cmは幅くらいしか土の無いところに、うちの近所では見られない程育った雑草たち。その旺盛な生命力に圧倒される!!!

この間の26日(後から調べて知った)の満月を過ぎてから、たまこの内外に変化。急に気分が変わって、最近持ち続けていた質問、無意識に持っていた問いに、良いタイミングで答えを「頂いて」いる。たまたままわりの人の口からそれを聞くこともあれば、たまたま衝動買いした本のフレーズに答えがあったりする。驚く程良いタイミングに的確な答えなので、不思議すぎて、感謝するより他に法が無い、かんじです。

たまこが、見えること、聞こえること、歩けること、食べられること、三味線を弾けること、うたえること、まつさんがそばにいてくれること、3人のこどもたちがおかあさん!と寄って来てくれること。
今日のこどもたちの瞳のまっすぐな力を思い出して、私も一緒に伸びようと、かなしいほど嬉しい今晩のたまこです。

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.19

今日は、K保育園です。
駅から近いはずなのに、しかも地図も手にして歩いているのに、
次々と道を間違え、20分も歩きまわった!なんともぬけてる玉松会ふたり。。
地図をもってても、間違えてからみて、あれ、違った!?みたいな感じで、
まがる手前では絶対こっちだと疑わないで、違うとこいっちゃうんですから、
のんびり?天然?(笑)もたいがいにせえよ、という感じ。。着いて良かったです。。

こちらはこじんまりとした、少人数の保育園です。
3、4、5歳児クラスのこどもたちに集まって聞いてもらいました。

とってもおちついていて、かわいい素直なこどもたちでした!!
初めてあったのに、いろいろ話していると、前から友達だったような感じのする、、
たまこは親程も年が離れてるのにも関わらず、なんだか、友達チックなんですよね〜。
あれ〜なんだろな〜と、内心自分でもおかしがりながら、三味線のこと、尺八のこと、いつものこころのお花畑のこと、楽しくお話ししました。
「みんなの心の中に、いろんな(こんなのやあんなのやと説明して)種があってね。」というと、男の子がひとり、驚いたかおして「しらなかった、、、」って。黒い花の消し方、みんな身を乗り出して聞いてくれましたよ!

大工と鬼六をするのも20回を数えます。ありがたいことです。
ライブを終えて、また来てね〜とお別れ。
あのくらいの少人数だったら、ひとりひとり、したのお名前を呼んで、こころの中のかわいいお花を自分で感じてもらったらよかったな〜!あぁ、惜しい。今日の保育園ならそれが出来たな〜〜。

感覚でつかんだものは、何かの時に、自分で再現することができます。
自分で自分をおちつかせ、よろこばせることを覚え、ことあるたびに気がつけば、成長の道が良き方へ変わるはず。。

こうしてみたいな〜とひらめいている案を、出来るだけ明確にたまこがとらえ、実現していく、ことをもう少し意識して、言動、提案してみようと思います。

今月は、もう一園まわります!


| | コメント (0)

1%投票スタート!

今年も市川市の1%市民活動支援制度の投票がはじまりました!
玉松会は今年度、大胆にも事業をひろげ、保育園訪問のほかに、三味線尺八体験ワークショップと、ライブの3本立てで申請しています!
ぜひ、市川在住のみなさまのご支援をいただきまして、賑々しくたくさんのかたと、和やかなときを分かち合って行きたいと思いますので、投票よろしくお願いします!!

| | コメント (0)

念ずれば通ず!?

たまこが探している、調べようとしている話がありました。
ひとつは有名な安珍清姫、道成寺の話です。詳しく知りたいと思い。。
もう一つは熊野比丘尼の本地もの。

ぜ〜んぜん意識をしないで、今日はたまこの勉強のために、好きな本買うぞ〜!と本屋さんに行ってふとたまたま購入の上下の文庫本2冊。京都書院から出ている『奈良絵本』です。
絵だけぱらぱらっと見て気に入って買っただけなのに、読みはじめたらなんと、この素敵な絵本に探していた2つのお話もおさめられていました!!!

感謝感激雨霰。
こんなことって〜〜annoyflairshinesign02
あるものですね。。。あるのかな。あったんです。。

昔は絵本は皆一冊ごとに手作りと言うか、絵を描いて、印刷でない本物だった訳で、高貴な姫様などがお嫁に行く嫁入り道具に持たせたり(縁起のよい話など)したんだそうです。なんとすてきな。

願わくば草書のような、その文章の方も自力で読めたら良いのですが、、、(涙)
これはおいおいやるぞ、、

なにしろ、自分の勉強時間をどう捻出するかが、最大のポイントです。
やっぱり食べ過ぎるな寝すぎるなってことかな。

こんなちょっとした偶然でも、もう腹の底から感謝の念が噴き出して卒倒しそうになる、
水無月たまこです。

| | コメント (0)

手児奈さんのほおずき市出演!!

ほおずき市は浅草の観音様の4万6千日が有名です。一年の半分は通っている浅草の、観音様ですが、今年は新宿に通っている間にほおずき市が。。
ほおずきは雷よけなんだそうですね!
(知らなかった〜。浅草の和風玩具やさんで聞きましたhappy01
(余談ですが、私の大変お世話になっている方が、ベーゴマ名人で、、私も今更ながら練習しようと、、この間ベーゴマを購入。そのお店での一コマです。)
(こういうこどもの遊びはこどものうちに特訓しないと身に付かないと言われては居りますが。。)

さて、真間の手児奈さんでも、ほおずき市が7月17日(土)18日(日)に行われます。
いつもは近隣住民として、こどもたちを連れて、そぞろ歩きに見に行っています。
ほおずきもかわいくて素敵だし、みんなゆかたを着て出て来るし、境内でステージイベントはあるし。お芋フライやら、かき氷やら食べながら、、毎年結構な人手で盛り上がっております!

今年はなんと!玉松会活動のご縁が実って、たまこはそのステージイベントに出演させて頂きます!!
外なので雨が降らない事を祈りますが、
ここ十数年降ってないそうで〜すsun

予定では、たまこは15時30分から16時までの30分です。
イベントトップバッターです。
その後太鼓演奏やジャンケン大会、などなど
盛りだくさんで進んで行きます!!

夏の野外に合うような賑やかなものをお聞き頂きます。
ほおずきと合わせて、ぜひゆかたなんぞお召しになって、
夕涼みに、いかがでしょうか!?

| | コメント (0)

スペースはちのこ

3月に突撃ミニライブをさせていただいた、三鷹のフリースペースさん、「すぺーすはちのこ」の近所の大沢公園でおこなわれたはちのこ祭りに、玉松会で参加させて頂きました。
玉松会の他には、ジャズバンドやジャグリングほか、いろとりどりのゲストがステージに花と光を添えました!楽しかったですよ〜〜!
屋台では、はちのこさんの向かいにある「あきゅらいず〜森の食堂」さんの玄米おにぎり、天然酵母ジャムパンや、はちのこさんのやっている沖縄カフェの沖縄そば、
それから、やきそば、梅ジュースやそれから外国の方のお国自慢メニューなどなど、
からだにも優しくて、とびきり美味しいメニューがお客様のおなかにぼんぼんおさまります!

そのほか、どろんこ遊び、機織り体験、アイヌの切り絵、フィリピンの竹細工コーナー、はてはリラクゼーションサロンブースまであり、、、
五月晴れのさわやかな光の中、それぞれがそれぞれの輝きをきらりきらりと放出する、ほんとうに素敵なお祭りでした。
娘たちは、おなかを丸くした後は、木登りに夢中。その姿はほんとうに、森の妖精かなにかのようで、こどもと木登りがこんなに似合うものかと、涙が出る程、素敵と思ったと同時にわが家の近所で出来ないのを惜しく思います。ぐにゃんぐにゃんのどろんこなんて、今なかなか都会ではないですよね〜!あそんでるこどもたちはみんな泥だらけです。それがまた、いい絵になっていて!!

さてさて、外での演奏にもだいぶ慣れてきたたまこです。
遠くの樹木にまで、思いを受け入れて頂きながら、と感謝を感じつつ、
お日様の下で声を出す喜び。
ほんとうに、ひとつひとつの、ライブ公演、または鑑賞が、
ただ今ものすごい勢いでたまこの血と肉になっておりま〜す!
(しかもジャズバンドの演奏を聞いていたら、たまらなく歌いたくなりました〜〜。
ジャズのスタンダードナンバーもいいですよね〜〜。木々の緑とサックス、ベース、ドラムの音色が本当にさわやかで、すっかりひたりきって聞きました〜!)
(ぜったいどこかで、ジャズナンバーライブもさせてもらおう。。密かな目標)


はちのこさんは、保育園や、学童保育、カフェなど、かずかずの素敵な活動をお仲間や保護者の集結で展開されています。たまことまつさんはそのどれもに、驚きと憧れを持って拝見しています。

仕事を持っているので、我が家のこどもたちは保育園にお世話になっていますが、願わくばこどもたちと、(うちのこどもたちだけでなく)どろんこになってあそび、草や虫や、工作、道ばたの遊びにつき合いたいという、せつない願望が私たちには、あります。一緒に本を読む、絵を描く、畑仕事をする、鉄棒をする、そんな普通の関わりを通して、こどものこころとおだやかに寄り添っていたい、なあと、理想としては考える訳です。

核家族化のなかで育ったわれわれ世代(いわゆるあらふぉー!?)は、ご近所付き合いもぎこちなくヘタッピな世代です。お世話になった経験がすくないので、お世話になり慣れない!のと思います。仕事場でも、友達とも、付き合いはしても、「近所」というのはなかなか〜〜というのが、現代ではないでしょうか。

しか〜し!これからは近所=いわゆる地域活動の時代と思います!
それは、人間関係、コミュニケーション能力の見直し、ともいえるでしょうか。
他と切り離して自分を置くのではなく、まわりの皆さんの中の自分、その中でキンチョ〜せず、普通に、思いやりと、気働きを持って、おつきあいする、のが、地域力アップに、はてはあたたかな町づくりにつながるのではないでしょうか!!(選挙演説おわり)(笑)


はちのこさんのところは助け合って保育所〜学童〜中学生の勉強会〜大人も勉強〜カフェ〜などなど、
こどもたちの成長とともに活動を拡げてこられ、今はお孫さんが、保育園へ入る時代になられているそうです。すてきです。

保育園も学童もすてきですが、カフェがまた素敵です。飲み物も、おやつも、からだにもこころにもやさしいメニューが並び、(三年番茶や梅ジュース、タンポポコーヒーとか)楽しい雑貨も並んでいます。三鷹お近くの方、ぜひぜひくつろぎに出かけてみてください!
何かがぽろんと、落ちて、からだが軽くなると思います!!


幸いたまこ家の界隈はこどもも多く、すてきな大人の方に囲まれています。こどもたちも、たくさんお世話になって、たまことまつさんもいつもご恩返しを考えながらも、一緒に育てて頂いているかんじです。coldsweats01
われわれもやれるところからがんばろう!と、まつさんと、こぶしを天に突上げている、
玉松会です。

今、何が一番ほしい?と聞かれたら、たまこの場合、crownダイヤモンドshineでも株yenでも車rvcarでもなく、、、
ちっちゃくていいから畑budかなあ!

フキは終わって、そろそろどくだみがいい時期になりました。
梅干しもまもなくですね。
味噌はできたかな〜。

| | コメント (2)

たまこ初PTA

5月下旬、この春晴れて小学生になった長女の初!小学校の運動会がありました。
天候が危ぶまれましたが、よい晴天に恵まれ、あっぱれ五月晴れ!
近所の6年生のお兄ちゃんが、なんと赤組応援団長と聞いて、これはハンカチどころか、タオルを持っていかねば、感動の涙を拭ききれない!と準備。
朝早くからお弁当作成。おにぎりに〜水筒に〜おかずに〜
敷物と〜長男おしめ着替えセットと〜
次女と長男をつれて、いざ出陣!

入場行進は吹奏楽部の生演奏。私も中高と吹奏楽だったので、分かりますが、小学生で楽器は演奏も指導も大変なんじゃないかな〜と想像します。。が、先生も児童も熱心に取り組んで、とっても上手。
note「海兵隊」です。
開会式になってひとつ不思議でした。たまこたちの小学時代とあまりに違う点。
号令が無い。。きょーつけ〜!とか、ヤスメ!とか、何度も何度もそんなことを練習した覚えが、ありますが、そういう指示がありませんでした。軍隊チックだから最近はやめたのかしら?
残念ながらところどころ姿勢のぐにゃぐにゃな、(長い時間かかりますからね、開会式と言えど)かんじが、へえ〜?!っと、驚きでした。時代、、なのでしょうかね?

さて予想通り、早速の応援合戦で、近所のお兄ちゃんが袴姿で登場。
もう涙があふれます。何しろ、優しくてしっかりして、素敵なお兄ちゃんなので、うちの娘たちもファンです。3歳の次女にも優しく一緒に遊んでくれるんですから、徳が高い、としかいいようが無い。。
団長さんなので、大きな声で赤組を鼓舞します。「われわれは〜、、」その澄んだ、迷いの無い、まっすぐな勢いのある声に、たまこはとても感動しました。いつも遊んでるときはそんなに大きな声はもちろん出さないから、初めてきいた彼の大きい声でした。たまこも声を出すことに興味があるので、とても新鮮で、大事なものを教わった気がしました。
昔の戦とかでも、名乗りを上げたりして、それがまた勇ましかったりするのが、大きなポイントだったりして、、というのが、何となく想像されて、、声の魅力のひとつを体感しました。

リレーや騎馬戦、各学年の演技など、きっと長女は高学年の種目を目を見張って、胸を膨らませて、熱く眺めていたに違いない。練習のうちから本番は期待するようにと私に教えてくれてましたから。

赤と白に別れての戦いではありますが(戦いにほとんど興味がないたまこ)応援席もまけずと盛り上がりました。保育園の運動会もかわいくておもしろいですが、やはり迫力が違う小学校はその競争心も激しく、新鮮でした。

PTAで校舎見回りなんというのも体験しながら、初小学校運動会PTAを堪能させて頂きました!!


遊び方がおとなしくなっている現代、思いっきり身体を動かすことをあまりしなくなっていると思います。でもこころとからだはつながってますから、こどもたちにはう〜〜〜んと外でも、遊んでほしい。室内でも、折り紙だ工作だすきなものなんでも熱中してほしい。その素晴らしい感性と可能性の固まりのからだでたくさん感じてたくさん鍛えてほしいと思います。これからのその命を非常にまぶしくながめながら、、、応援団のひとりです。

たまこは幼年時代アウトドア派の猿系だったので、うんてい、鉄棒が大好きでした。(もう身体が重くてできない。。)空き地も結構あったし、公園には登り棒、鉄棒がかならずあったし。ぶらんこなんか一回転しそうなくらい、みんなでギュンギュンこぎました。よく大けがしなかったものですが、親になってみて、ついけがさせまいとこどもの冒険範囲をせまくさせちゃってるかな〜とあらためて日常を振り返ります。何事も経験ということもあるし、、
でも昔と比べて圧倒的に減ってしまったのが空き地です。どこにどんな虫の巣があって、とか、どんな花が咲いててとか、後何日で実ができそうとか、種がはじけそうとか、かなりの綿密なチェックをおこたりなくしっかりやっていましたが、そういう場所があまりないなあ。土が欲しいなあ、樹木が欲しいなあ、広場が欲しいなあ。


| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »