« 一歩出るか。。!? | トップページ | スペースはちのこ »

たまこ初PTA

5月下旬、この春晴れて小学生になった長女の初!小学校の運動会がありました。
天候が危ぶまれましたが、よい晴天に恵まれ、あっぱれ五月晴れ!
近所の6年生のお兄ちゃんが、なんと赤組応援団長と聞いて、これはハンカチどころか、タオルを持っていかねば、感動の涙を拭ききれない!と準備。
朝早くからお弁当作成。おにぎりに〜水筒に〜おかずに〜
敷物と〜長男おしめ着替えセットと〜
次女と長男をつれて、いざ出陣!

入場行進は吹奏楽部の生演奏。私も中高と吹奏楽だったので、分かりますが、小学生で楽器は演奏も指導も大変なんじゃないかな〜と想像します。。が、先生も児童も熱心に取り組んで、とっても上手。
note「海兵隊」です。
開会式になってひとつ不思議でした。たまこたちの小学時代とあまりに違う点。
号令が無い。。きょーつけ〜!とか、ヤスメ!とか、何度も何度もそんなことを練習した覚えが、ありますが、そういう指示がありませんでした。軍隊チックだから最近はやめたのかしら?
残念ながらところどころ姿勢のぐにゃぐにゃな、(長い時間かかりますからね、開会式と言えど)かんじが、へえ〜?!っと、驚きでした。時代、、なのでしょうかね?

さて予想通り、早速の応援合戦で、近所のお兄ちゃんが袴姿で登場。
もう涙があふれます。何しろ、優しくてしっかりして、素敵なお兄ちゃんなので、うちの娘たちもファンです。3歳の次女にも優しく一緒に遊んでくれるんですから、徳が高い、としかいいようが無い。。
団長さんなので、大きな声で赤組を鼓舞します。「われわれは〜、、」その澄んだ、迷いの無い、まっすぐな勢いのある声に、たまこはとても感動しました。いつも遊んでるときはそんなに大きな声はもちろん出さないから、初めてきいた彼の大きい声でした。たまこも声を出すことに興味があるので、とても新鮮で、大事なものを教わった気がしました。
昔の戦とかでも、名乗りを上げたりして、それがまた勇ましかったりするのが、大きなポイントだったりして、、というのが、何となく想像されて、、声の魅力のひとつを体感しました。

リレーや騎馬戦、各学年の演技など、きっと長女は高学年の種目を目を見張って、胸を膨らませて、熱く眺めていたに違いない。練習のうちから本番は期待するようにと私に教えてくれてましたから。

赤と白に別れての戦いではありますが(戦いにほとんど興味がないたまこ)応援席もまけずと盛り上がりました。保育園の運動会もかわいくておもしろいですが、やはり迫力が違う小学校はその競争心も激しく、新鮮でした。

PTAで校舎見回りなんというのも体験しながら、初小学校運動会PTAを堪能させて頂きました!!


遊び方がおとなしくなっている現代、思いっきり身体を動かすことをあまりしなくなっていると思います。でもこころとからだはつながってますから、こどもたちにはう〜〜〜んと外でも、遊んでほしい。室内でも、折り紙だ工作だすきなものなんでも熱中してほしい。その素晴らしい感性と可能性の固まりのからだでたくさん感じてたくさん鍛えてほしいと思います。これからのその命を非常にまぶしくながめながら、、、応援団のひとりです。

たまこは幼年時代アウトドア派の猿系だったので、うんてい、鉄棒が大好きでした。(もう身体が重くてできない。。)空き地も結構あったし、公園には登り棒、鉄棒がかならずあったし。ぶらんこなんか一回転しそうなくらい、みんなでギュンギュンこぎました。よく大けがしなかったものですが、親になってみて、ついけがさせまいとこどもの冒険範囲をせまくさせちゃってるかな〜とあらためて日常を振り返ります。何事も経験ということもあるし、、
でも昔と比べて圧倒的に減ってしまったのが空き地です。どこにどんな虫の巣があって、とか、どんな花が咲いててとか、後何日で実ができそうとか、種がはじけそうとか、かなりの綿密なチェックをおこたりなくしっかりやっていましたが、そういう場所があまりないなあ。土が欲しいなあ、樹木が欲しいなあ、広場が欲しいなあ。


|

« 一歩出るか。。!? | トップページ | スペースはちのこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一歩出るか。。!? | トップページ | スペースはちのこ »