« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

つぎはしライブ第1回終了!

7/17(土)
この3ヶ月企画にずっと頭を抱えてきたつぎはしライブを、無事終了しました。
まわりの皆様に相談にのって頂き、なんとか、でもあっという間に当日を迎え、、

この企画のお陰で、たまことしては、自分のこころの状態を更に一歩先まで見つめる機会を得ました。
どれだけ準備をして、こころを尽くしても足りるということは無く、それどころかますます足りなさ加減に気づいて行く次第。演奏に当たっても、今までとは少しきもちの面で「違う」チャレンジをしました。

願うようにはなかなかできませんが、でもやっぱりますます、うたと三味線をすてきだな〜と思える勉強ができました。

お世話になりました皆さま、ほんとうにありがとうございます。
またの機会を!ぜひちゃれんじしたいです。

| | コメント (0)

施設訪問ミニライブ〜八幡

午前中保育園に伺ったその足で、午後は高齢者施設におジャマしました。夜は寄席に行くから今日は一日3公演だ!大変な一日です。一番頑張ったのは、、おひさまだろう、、というくらいあつ〜いひざしのなか、うたをうたいながら、曲目の打ち合わせをしながら、駅からてくてく歩いて到着。
会場を拝見して控え室へ。廊下には職員さんが描かれた絵や、職員さんの紹介パネル、季節の飾り物など、積極的に装飾されていました。朝、車で迎えに廻り、一日過ごすという、デイサービスの利用者の方を対象に数十名の高齢者の方に夏の曲を聴いて頂きました。
こちらもまつさんが渉外担当して調えてくれたので、たまこはおとなしくくっついて行きました。

音を出す前の好奇心の高まりと、その緊張感を破って音が空間を走る瞬間は、なにかが融けてあたらしく生まれるような、こころにとてもおおきな作用があります。これはスピーカーを通した音にはない生演奏の魅力だと思います。

午前中で調子づいたのか、まつさんは今度は大人だと思って(笑)容赦なく熱く尺八の魅力を語り出しました。おとなしいひとなんだろうと、以前は思っていたのですが、最近はっきりと、実は違うんだ!ということを確信しました。おとなしいフリしてただけで本当はきっと違う面をまだまだ隠しているようです。これからこころを覆ったものを、まつさんもおとしていく時期に入るのでしょう。楽しみです。

倍以上も年の違う方の前で、演奏させて頂くのは恐れ多い事と、こころして勉強させて頂きましたが、とても喜んで頂いて、わたしたちも終わってホッとしました。と同時に、大きな演奏会場でかしこまって聴くのではなく、身近に楽しむのも、かなり、悪くないんじゃないの〜goodとあらためて驚く程勇気づけられました!!!

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.21

21園目の今日はS保育園です。珍しく園庭に小さいながらもタイルばりのプールがあります。大概は夏場だけ、の簡易プールを利用する園が多い中、これは面白い設備です。プールをしっかり楽しんだ後に、3、4、5歳児クラスのこどもたちにホールに集まってもらいました。
今日は初!の試みで、司会、進行、リーダーをまつさんと交代しました。こんにちは〜からずっとこころのお花畑の話もぜんぶ。たまには違う事をすると、また新しい発見があって、よいものです。

大工と鬼六は、やはり未就学児には時間的に「長い」話だと思います。また耳慣れない音とともに、映像も無しで聴くのはこどもたちにとっては本当に普段とは違う体験と思います。

が、大人が思う以上にこどもの自由な感覚は変幻自在で、何も構える事無くそれはそれ、としてすぐに楽しんでもらえるということがよく分かります。
音だけで、私たちの顔を交互に見ながら、一生懸命話に食いついてきてくれるのですから、すごいことです。「しゃみせん」と「しゃくはち」という言葉を覚えることより、音色を楽しんでくれるのをはるかに自然にたっぷり満喫してくれるこのすばらしい幼児期に、出会えた感謝でいっぱいにしながら、またね〜とお別れしてきました。
こどもたちの瞳を見ると、それぞれがどれほどのことを日々感じ精一杯命を輝かせているか、それがどれほど人間にとってかけがえの無い大切なことであるか、を感じます。

| | コメント (0)

手児奈さんのほおずき市

7/17(土)梅雨明けの晴天に恵まれ、真間の手児奈さんのほおずき市の境内でうたわせて頂きました!!
通るたびにお参りする地元の手児奈さんですし、万葉集にその名をうたわれる手児奈さんですし、
本当にいい体験になりました!!ああうれしい。

玉松会公演で何度か青空ライブは体験しているので、だいぶ慣れ、、てはきましたが、
やはりあのドでかい音のするPAはどうも。。。(苦笑)
(たまこはこういう時はスピーカーを気にせず、からだの中の動きを見つめます)
とはいえ手児奈さんと澄み切った青空と、ほおずきと風鈴に囲まれての30分は本当にきもちよく、前向きな気持ちでいることが出来ました。

野外ステージトップバッターだったので、お客様はまだまばらでしたが、終わってから町内を歩くと、「あ、たまちゃん」とか、「手児奈さんで三味線を〜」とか、見知らぬ方ともお話が出来て、また少しこの土地に根っこが伸びたように、嬉しく感じました。

ほおずきを買って(風鈴は花火柄にしましたよ〜)夕方は灯籠流しをして、すてきな一日でした。
真間川に流す灯籠に、夕焼けがきれいに映えてそれはそれは美しい、懐かしい光景でした。
またひとつ、こどもたちと楽しい思いでが増えました。happy01

| | コメント (0)

つぎはしさんで初ライブ      7/17(土)11時〜

市川市の真間の土地は万葉集にその名を残し、
ありがたい手児奈さまが有名です。
その昔は遠く大和朝廷の都にまで
その素晴らしさが伝えられたという継橋跡の
そのそばに、話飲茶屋「つぎはし」さんがあります。
木調のすてきな空間に和やかな語らいのよく似合う
すてきな喫茶店です。
インテリアもすてきですが、
メニューも気が行き届いていて丁寧でおいしいですよ!

ぜひ美味しいお飲物&デザートとともに、
和やかなひとときをご一緒出来たらと思います!

以下チラシです。

しゃみせんらいぶ!!
たまこ
の三味線探検隊!   
                          

日時) 2010.7.17 (土)  a.m.11:00~12:00
場所) 話飲茶屋「つぎはし」真間4−7−23
     電話 047(372)5892
出演) 玉松会のたまこ
入場料)1、000円(飲食代別)
つぎはしさんのおいしいメニューでのご飲食をお願い致します!

お席に限りがございますので、ご予約を承ります。

予約受付)
たまこメール
tamamatsukaiここにアットマークyahoo.co.jp
又は「つぎはし」さんへお電話ください。

三味線を聴くなんて、考えたこともない方!もぜひ
一度、目の前でうたと三味線を体感してください!
 
「三味線」という日本の音楽、文化の一端の
その様々な魅力を、先達に学びながら、
そろりそろりと探っていきます。
 三味線音楽が表してきた古き佳き和のこころ、
日本人の姿を追い、うたのおもしろさ、
三味線の器楽的な面もピックアップしてお届けします!
 和やかに語らいながらの、
おいしいお茶のひとときをご一緒にいかがですか?


です。
よろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »