« 高齢者福祉施設訪問 | トップページ | 7/30 お母さん大学入学式 »

国分寺ライブその3〜KPSZホッとライン

今回の国分寺のライブは、たまこが大学1年の5月からお世話になっている、かっぱさんとしずくさんとのご縁で進んでいます。かれこれもう、20年近くになろうという!驚き。
大学に貼ってあったボランティア募集のビラを見て、おそるおそるお電話したのが、ああ本当についこないだのようです!!
かっぱさんとしずくさんはご夫婦で、お身体がご不自由というハンディのなか地域で暮らそうと、活動なさって、先年特別非営利活動法人「KPSZホッとライン」を設立されました。
詳しくはぜひホームページをご覧下さい。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~kosk/

たまこは学生時代にかっぱさんしずくさん宅を訪れ、ちょっとした日常ヘルプと家事手伝いをさせて頂き、夕食をごちそうになるという大変おいしい勉強をさせて頂いていました。大学まで2時間半の遠距離通学だったので、帰宅までお腹がペコペコになってしまう毎日でしたが、かっぱさん宅に伺う日だけは落ち着いて幸せに帰宅していました。
お宅に伺うだけでなく、時には旅行にもご一緒させて頂きました。

何もかも新鮮で嬉しかったけれど、若さなりに探りながらの日々を、かっぱさんとしずくさんに励まされ、波を越え、はり切って渡ってこられたと思います。

おふたりは無条件にたまこを応援してくださいました。
いつもお宅で夕食を頂きながら、わたしは夢を語りました。こんなことをしたい、あんなことをしたい。これはどうでしょう、こんなアイデアは?と。。
たまこの突拍子も無い思いつきを、かっぱさんは決してたしなめること一度たりとてなく、それどころか手をたたいて賞賛してくださり、「たまちゃんならできる」と、、何回おっしゃって頂いたか分かりません。そのかっぱさんを後押しするように、そばで笑って「そうそう。だいじょうぶだよ!」とおっしゃってくださるしずくさん。
本当に明るく、しずかで、つよいこころざしを持つ素敵なご夫婦です。ウィーンに留学する前も壮行会をしてくださり、大学の卒業演奏会や国立劇場の研修中も発表会を見に来てくださり、、ほんとうに、お世話になってばかりの想い出はつきません。

こどもたちのためにうたをうたったり、楽器を演奏したり、ということにとても賛成して頂き、励まして頂きました。いま、はからずも、、玉松会を結成し、すこしづつ活動が進んでいること、
じつはかっぱさんしずくさんの応援、励ましがとても大きいのです。

2年前かっぱさんがなくなったときの気持ちは、忘れられません。

今回はかっぱさんのご命日を翌日に控えた10/10に、しずくさんとKPSZ事務局の多大なる支援を受けて、ライブを勉強させて頂きます。
こどもたちにも伝えたい日本の歌をいっしょに口ずさんで頂き、ほんとうの心の豊かさとは、つよさとはなんだろう、としずかに考えられる、ホッとできるひとときを、どうぞご一緒してください!!

お客様のおひとりおひとりの、何のために生まれて来たか、これをせずに天国に帰れるか!!?という祈りを再確認できるような、空間にしたいとたまこは願っております。

入場料収益の50%をKPSZホッとラインへ贈ります。
ご来場のほど、こころよりお願い申し上げます。

|

« 高齢者福祉施設訪問 | トップページ | 7/30 お母さん大学入学式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者福祉施設訪問 | トップページ | 7/30 お母さん大学入学式 »