育児

保育園訪問ミニライブvol.22

7月26日
 感慨深いものです。
 去年の6月におそるおそるスタートして一年。
しかもスタート早々つわりの真っ最中〜おなかが大きくなり〜無事生まれてまた直ぐ〜〜そして今。
この一年は振り返るとこれまでの倍、いろんな事がありました。
それ無理!と頭が止めたものも身体で動いてやってしまいました。それでも足りないこともありましたが、いつもより頑張ったtyphoon一年でした。

こうして振り返ると、いかに普段頭の中だけで断念したり恐れたりしている事が多いか、ということに気づかされます。こんなことしたら〜wobbly〜なんじゃないか、と心配をして足踏みして、どれだけチャンスを逃してきたかと思います。本当に出来ない事はできないんだから、できる事をやる。技術の問題よりこころの持ち様だな〜とつくづく実感です。

 さてさて、今日の訪問先は我が家からおそらく1、2を争う近さ、にもかかわらず何度も予定を入れては不都合になり、、、、で、やっと叶ったS保育園です。線路沿いにしては電車の音もほとんど気にならず、園庭も広く、素敵な園でした。長女が3年前担任して頂いた先生がいらっしゃるはずでしたがあいにくお目にかかれず、残念賞。大きなホールで3、4、5歳児を中心にheart02ちいさなお友達もすこし、参加してもらいました。

 前回の勉強を経て、今回はやっぱりたまこ主導でライブ開始。こころのお花畑のお話も力が入りますheart02
「大工と鬼六」も熱心に聞いてくれましたhappy01

わたしはいつもまつさんの尺八は目をつぶって聴いています。
寝てるんじゃないか?!とこどもたちにもこそこそhappy01くすくすsmileされますが、シランフリして寝ています、あ、いえ、目をつぶっています。
五感をフルに、というのも、楽しいし、またあえて、目を閉じて、というのも時には新しい発見があります。賑やかな三味線とうらはらに、まつさんの竹の音を、こどもたちにも先生方にも耳を澄ませて聴いてみてもらいたいという願いもあります。

大きくなるとどうしても、これは何か、どうなのか、と、まず即座に頭で判断をしたくなるのが、常で、「わかる」と思える範疇のものを良しとするか、面白いと思える、それ以外のものには、困る、
つまらない、という図式を、ときどき、、自他に見ます。
でも、、頭や理性で捉えられる事など、きっとほんの一部で、世の中そう簡単じゃない!と思うのです。

理性という花びらでしっかり包まれている中にある感性、こころは、ときどき思い切り深呼吸したがっています。
自分のこころにはどんな花びらがあるのか、それを自分で知る事も、
それからそれを自分で開いたり閉じたり意識的にすることも、いのちをやわらかくしなやかにそして強くする、体操みたいなことじゃないかなと、思います。
固まったら苦しいですよね〜。
こどもたちはそのあたりは天才的にやわらかくしなやか、生命力に溢れています。
対して大人は、、そうなることが大人になること、という手順を踏んで、日々過ごしますが、
「固めている」のは誰でもない自分自身ですね。
それもひとのせいにしてみたりして、無意識に不満に思っていることもありますがcoldsweats01、こころを静かに覗くと、感情も考えもすべては自分で選んでいること、
というところに、ひとつひとつきがついていく手助けが、日常あらゆるところにヒントとして存在しているんだろうな〜と思っています。

こどもたちのこころにとどけたい、ひろくてすずやかな、健やかなる成長への願い。

園長先生に背中をおされて(強くご賛同頂き!!感謝)玉松会のCDをつくってみようか!というプロジェクトが始動しつつあります。繰り返し聞きたいと仰って頂いたので!!

という訳で8月9月のたまこのスローガン。
「顔は明るくhappy01氣は軽くheart04
前進あるのみtyphoon、がんががん。thunder

(解説)前半は、なにげに韻を踏んでいます。後半は我をガガンとエネルギッシュに克己しているさまを音に込めています(笑)

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.21

21園目の今日はS保育園です。珍しく園庭に小さいながらもタイルばりのプールがあります。大概は夏場だけ、の簡易プールを利用する園が多い中、これは面白い設備です。プールをしっかり楽しんだ後に、3、4、5歳児クラスのこどもたちにホールに集まってもらいました。
今日は初!の試みで、司会、進行、リーダーをまつさんと交代しました。こんにちは〜からずっとこころのお花畑の話もぜんぶ。たまには違う事をすると、また新しい発見があって、よいものです。

大工と鬼六は、やはり未就学児には時間的に「長い」話だと思います。また耳慣れない音とともに、映像も無しで聴くのはこどもたちにとっては本当に普段とは違う体験と思います。

が、大人が思う以上にこどもの自由な感覚は変幻自在で、何も構える事無くそれはそれ、としてすぐに楽しんでもらえるということがよく分かります。
音だけで、私たちの顔を交互に見ながら、一生懸命話に食いついてきてくれるのですから、すごいことです。「しゃみせん」と「しゃくはち」という言葉を覚えることより、音色を楽しんでくれるのをはるかに自然にたっぷり満喫してくれるこのすばらしい幼児期に、出会えた感謝でいっぱいにしながら、またね〜とお別れしてきました。
こどもたちの瞳を見ると、それぞれがどれほどのことを日々感じ精一杯命を輝かせているか、それがどれほど人間にとってかけがえの無い大切なことであるか、を感じます。

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.20

市立保育園も残すところもうすこしで全部廻れそうです。

今日伺ったM保育園はまわりが、どひゃーっ、と畑!という、何ともおだやかな、のどかな環境。
すてき!市川にこんな場所が〜、っていうくらい、素敵な環境です!

今日は暑かったので、多分いつもみんなで集まるホール、ではなく、冷房のきく教室に、3、4、5歳児クラスのみんながところ狭しと集まってくれました。

何ともはや!くりくりまなこで素直で柔らかくて、素敵な表情のこどもたち。
三味線、尺八の音を、一生懸命全身で聴こうとしてくれているのがよくわかりました。
そのおかげあって、みんなのからだに入った音が、からだを通ってまた活き活きとしたエネルギーになって外に出て来てみんなの間を自在に通って、なんだかとっても元気な空気が生まれました。
いつものお花のお話、妙に話していて手応えがあって(よく理解してもらえていて)
とても、保育園で園児に話している、という感じじゃなかったです。。
不思議だなあ。

玉松会ライブが終わって、早速!本棚から大工と鬼六の絵本を探して、先生に読んでもらおうとせがんでました!リピートは大切happy01
たまこはうれしかったです。
楽しかったけどもういいやってんじゃなく、今度は絵本でもう一回!って、すてき!

雨にも降られず、外は真夏の様に暑い中、無事帰路へ。
帰る道々、アスファルトの道ばたの1cmは幅くらいしか土の無いところに、うちの近所では見られない程育った雑草たち。その旺盛な生命力に圧倒される!!!

この間の26日(後から調べて知った)の満月を過ぎてから、たまこの内外に変化。急に気分が変わって、最近持ち続けていた質問、無意識に持っていた問いに、良いタイミングで答えを「頂いて」いる。たまたままわりの人の口からそれを聞くこともあれば、たまたま衝動買いした本のフレーズに答えがあったりする。驚く程良いタイミングに的確な答えなので、不思議すぎて、感謝するより他に法が無い、かんじです。

たまこが、見えること、聞こえること、歩けること、食べられること、三味線を弾けること、うたえること、まつさんがそばにいてくれること、3人のこどもたちがおかあさん!と寄って来てくれること。
今日のこどもたちの瞳のまっすぐな力を思い出して、私も一緒に伸びようと、かなしいほど嬉しい今晩のたまこです。

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.19

今日は、K保育園です。
駅から近いはずなのに、しかも地図も手にして歩いているのに、
次々と道を間違え、20分も歩きまわった!なんともぬけてる玉松会ふたり。。
地図をもってても、間違えてからみて、あれ、違った!?みたいな感じで、
まがる手前では絶対こっちだと疑わないで、違うとこいっちゃうんですから、
のんびり?天然?(笑)もたいがいにせえよ、という感じ。。着いて良かったです。。

こちらはこじんまりとした、少人数の保育園です。
3、4、5歳児クラスのこどもたちに集まって聞いてもらいました。

とってもおちついていて、かわいい素直なこどもたちでした!!
初めてあったのに、いろいろ話していると、前から友達だったような感じのする、、
たまこは親程も年が離れてるのにも関わらず、なんだか、友達チックなんですよね〜。
あれ〜なんだろな〜と、内心自分でもおかしがりながら、三味線のこと、尺八のこと、いつものこころのお花畑のこと、楽しくお話ししました。
「みんなの心の中に、いろんな(こんなのやあんなのやと説明して)種があってね。」というと、男の子がひとり、驚いたかおして「しらなかった、、、」って。黒い花の消し方、みんな身を乗り出して聞いてくれましたよ!

大工と鬼六をするのも20回を数えます。ありがたいことです。
ライブを終えて、また来てね〜とお別れ。
あのくらいの少人数だったら、ひとりひとり、したのお名前を呼んで、こころの中のかわいいお花を自分で感じてもらったらよかったな〜!あぁ、惜しい。今日の保育園ならそれが出来たな〜〜。

感覚でつかんだものは、何かの時に、自分で再現することができます。
自分で自分をおちつかせ、よろこばせることを覚え、ことあるたびに気がつけば、成長の道が良き方へ変わるはず。。

こうしてみたいな〜とひらめいている案を、出来るだけ明確にたまこがとらえ、実現していく、ことをもう少し意識して、言動、提案してみようと思います。

今月は、もう一園まわります!


| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.18

わたしたちのこどもたちが新しくこの4月からお世話になっている保育園、いわばにゅーほーむぐらうんどへ訪問ライブです。
園のご協力があって、近隣にお住まいの方にもお声をかけて頂き、保育参加のパパ、ママ、も数名いてくださる中で、の公演でした。
今日もまた初めての待遇。幕と、マイクが用意されている!!!
たまことまつさんがドラマチックに登場すると、産休開け0歳時クラスから5歳児まで、全部で100名以上の顔!かお!顔!
当然のことながらわが次女、長男もおり、ほっとするやらさわがないかと心配するやら、、です(笑)

これまでの訪問は、初めてのこともあり、園側も一体どのような団体が来るのか!?と
探り探りで、何の期待もされずに、不思議な夫婦が楽器持ってきた、てな具合かと、想像しますが、、
今回はこれまでで、一番というか唯一期待されて!のライブだったように思います。なんというか初めて感じる責任感というかプレッシャーというか、、、

とはいえ、やる手順はいつもとおなじ。経験は力なり。。うれしく勤めさせて頂きました!!

後ろに地域の方、大人の皆さん、その前にイスに座って5歳児のこどもたち。さすがに年長組は落ち着いていてしっかり見てくれます。

おもしろいのは、その年長さんと同じくらい、0歳児クラスのこどもたちが、(いちばんちびちゃんたちは先生にだっこ、そしてやっとおすわりの子、あんよも出来る子、そんなかんじのちいさな彼らが)動きを止めてわれわれを見入ってくれました。

まん中世代は歓声を上げたり一緒に声を出したり、いろいろ豊かに反応してくれます。

演奏のときは興奮してわいわいがやがや気味だったのが、大工と鬼六になったら、これまた固唾をのんで話に入ってきてくれました。絵が無いのに〜みんなありがとう!

自分の名前を大切にすること、こころのお花畑にきれいなお花を咲かせること、
わたしたちのメッセージもしっかり心に留めてくれたようです。感謝。

上演回数を重ねてきて、鬼の橋をもう少し構成整理したくなってきました。
やはり、数をさせて頂けるのはありがたいことなのですね。
ほんとうに、保育園訪問活動をさせて頂けて、どれほど私たちの勉強になっているかわかりません。
勉強だけでなく、元気パワーの源。

今年は1%事業でライブやワークショップも計画しています。(会場選びに難航してますが。。。)
いろいろな、ライブのお知らせも随時アップしていきますので、お近くの方、またはご都合があいましたら、ぜひお運びくださいますよう、お願い申し上げます。

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.17

今年度初訪問。
O保育園へ伺いました。
こちらも市川市1、2を争う大規模園で、150名のこどもたち。
早めに到着できたので、ホールでは3、4、5歳児のこどもたちに集まってもらいましたが、
その前に、1歳児2歳児のおへやを2部屋はしごして、ミニミニライブも敢行!!
ち〜っちゃくてかわいい〜〜のに、おりこ〜〜うさんに、私たちを凝視し、音に聴き入ってくれる姿は、
一体何と表現したらよいか。天使の小部屋に迷い込んで、私たちふたりが、逆に癒されているような場になりました。。

さすがに小さいグループでは鬼の橋はやらず、楽器紹介と演奏のみ。童謡もまぜて、いっしょにうたったりしましたよ!

さてさて、本公演、3、4、5歳児の待つお部屋では、90名近いこどもたちが、集まってくれ、
私たちはこれまでに無いタイプ、ござを敷いてもらって、正座で同じ目線で、、という形のライブに先生が設営してくださいました。
三味線と尺八と交互に楽器紹介、演奏をしていき、三味線には一緒に手拍子をしてくれたり、尺八にはしずかにほわ〜っと聴き入ってくれたり、、
大工と鬼六のお話になっては固唾をのんでおめめぱちくりして、聴いてくれました。
絵本でも紙芝居でもない、みんなのこころのなかの映像、感情はどんなだったのかな。。

ほんとうの体験でない、本や、映像、観劇などの体験も、わたしたちにとっては、ほんとうの体験として、こころとからだに残ります。

つたないながらもお友達のパパとママが、お話ししてくれてるみたいな和やかな中で、楽器の音色や物語を楽しんでもらえたら、嬉しいです。


| | コメント (0)

おむつなし育児?

長男妊娠中おむつなし育児に関する本に出会いました。
三砂ちずるさんの著書はいくつか読んでいてファンなので、
自然に手に取ってぱらぱらとめくり、関心を持ちました。

このあいだ、そういえばと思い出して、おしっこしたそうな時に
半信半疑でおまるをだしてあげたら、3ヶ月の長男は気持ち良さそうにおしっこしました!
あれ!そうか、したいのか〜!とおもって、その後も何度か。

なかなか100%毎度とはいきませんが、(お出かけしたりしちゃうし夜は私も寝ぼけてるし)
でも、わたしが長男を見て、聞いて、感じて、分かる範囲で今後はおまるにさせてあげようと、
今日は決意するにいたりました。(午前中3回おまる)

あかちゃんは見ていてあきません。明日から保育園に行く長男に私も少しでも義理を果たさねば、とおもいます!!!

もうひとつ前から気になっていたのは、呼吸のパターンです。
(寝てすぐは呼気の方が強い感じ。
そのうち両方とも聞こえるようになり、
たぶんぐっすりねむると平らな感じになるかな。
これは今日のおんぶ時調査です。)

独身時分、新生児の医学本で6種類くらいパルスのパターンがあると読んだ気がして、
どういうものか、ずっと調査したいと思っていたのですが、
娘たちを寝かすと私も寝ちゃってたもので(笑)なかなか未踏のままでした。

が、3人目でようやく、おちついてこどもと向き合うようになれた自覚があって、
今回はべんきょうさせてもらいます〜
と、おめめらんらんのたまこであります。

それから布おしめをあらっていて、とても不思議なのは、
私の赤い血から白いおっぱいが作られ、赤ちゃんが飲んで、
きれいなおしっこと きいろいうんちができて、ためちゃうとときにはきみどりなっちゃったりして、更におしめをあらっても汚れが落ちきれてなかったりすると、お陽様にほすと白いおしめがうすピンクに染まってきたりして、、
あかちゃんのまわりはきれいな色で囲まれてます。
時に念入り洗いが要りますね。(笑)重曹洗いや、晴れた日には漂白を!!

しかも自分の(なのかな?よそのおこさまは経験がないので、、)
おっぱい時代のこどものうんちはいいにおいです。
玄米炊いたにおいに似てるかな。
これも、布おしめのメリットかな〜と思います。
なにしろかわいいですね。うんちまで。

いつのまにかの思い込みで、こうだ、と固まってしまっていることがとても多いけど、
あかちゃんはおしめをするとかもそういったもので、
別に分かればいまからでもオマルにさせてあげて
なんら難しいこともないものなんだなぁと、ひとり妙になっとく。
そうすれば洗う手間も減るし。
アフリカのお母さんたちは100%しっぱいしないみたいですしね。
すごいなその感覚。
磨こうその感覚。興味津々。
一つ発見したのは、アスファルトじゃなくて土の上だと、外でも感じたらすぐにおしっこさせられるのでそれは気持ちよいです。アフリカのお母さんたちにはきっと土があるに違いない。


いかに、常識、とか、思い込みを外していくか、っていうのも、
おもしろい日常のたのしみですよね。

本、何冊かあるみたいだから、どういうものなのか、読んでみようかな〜?と
思ってはおります。

| | コメント (1)

長女の保育園卒園式を終えて

お母さん大学のレポート?(日記です)から。

長女(第1子)を迎えてこの6年9ヶ月の様々なことを思い、
ほんとうに感無量です。
そしてこれからが本当に楽しみです。
いつもの元気いっぱいの様子と違い、一張羅を着て!
やや緊張した様子で、何度も何度も練習した通りに入場、
ことば、うた、母たちも前もって式の間は泣かない!と
先生から打ち合わせ注意事項があったのですが
(そんなむちゃな、笑)、
こどもたちを見て、こえをきいていると、やはり熱くこみ上げてくるものがあります。
でも自分のことを思うと涙が出てしまう気がして、、(一つの気づき、)
この晴れがましい場をこころから祝福したいと意識しておもっていると、顔は自然と笑みになります。
禁じられてはいましたが!この涙は、なにかを洗い流して
新しい風を入れてくれるものでした。
すがすがしく、新しく、新たな一歩を踏み出す、
本当に良い式を経験しました。
私も背筋が伸びたし、ご飯もよく噛めるようになり、
暴飲暴食もする気も起こらず(今のところ!)
感謝の気持ちがこころに静かに染み渡る心地がします。
 ともに涙を流して、やっと楽しくなってきたところで、
卒園後は違う小学校へバラバラになるのは、
とてもさみしいけれど、何かの形でこれからも、
繋がって助け合い喜び合いたいな〜と思います。

マザーテレサの映画を撮られた千葉監督の本の中で、
マザーの動きは「こまねずみのよう」と表現されていて、、
これだ!!!!!と思いました。
こまねずみのように、我の入る余地がないように動くと、
仕事のスピードが上がりたくさんのことが出来ます。
無駄なことをしなくなります。
だらだら魔神の誘惑も聞こえないくらいになります。

 こまねずみのように、動くためにはしかし、
健康な心身が要ります。
そのためには、生活を律して鍛錬が要ります。
どれも、楽しい鍛錬です。
つらいかもしれないけど、それも楽しいと思える気がします。。

この1年、もっと正確に言うと2008年6月から、
何故か私は救われて、気の軽い、晴れやかな気分の方向へどんどん進んでいます。念願の東洋医学、東洋思想のタオ指圧を習い始められたこと、保育園訪問の玉松会邦楽ライブを進められたこと、3人目の長男を迎えられたこと。
次から次へと新しいご縁を頂き、人と人の和が広がっています。
長男妊娠出産を経て、それまでは、ひとと普通にコミュニケーションしてるようで、わたしはこころを閉ざしていたんだなと、きづかされました。本当に心を開けなかった。恐れの感情が強くありました。3人目のこどもを迎えて、自分でもいろいろと考えて、また、こどもたちにきづかされて、一皮むけ?たというか、鎧を脱いだと言うか、楽になりました。

思いは、行動でしめしたい。
思っていても、できていなかったら、やはり口だけです。。
かなり私は口だけな部分が多かった。
それは、ほんとうに、そうしたいと、思っていない、と言うか、
思いが足りないわけです。まあいいやと、どこかで思っている。
言っている分、少し出来た気にもなって、でもやってないのだから
余計たちが悪い、希望へは逆に更に遠くにいることになる、ということに、気づかないフリしてたけど、、振りが出来なくなる程、気がつきました。

保育園を訪問しての邦楽ライブを今月も3園実施しましたが、子どもたちのつぶらな目、まっすぐ伸びるんだ!と言う、成長よくのすばらしさ、これは万人にある、少しでも成長しようといううつくしいこころであるとおもいます。いつもいつもぎゃくにパワーを貰って、いろいろ教えられて帰るこの活動をとおして、また他の所へご恩返しを!と思います。

ああ、嬉しい春を迎えました。
たまこ

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.16

今年度最後の訪問になりました。K保育園です。
4、5歳児のクラスのこどもたちに集まってもらいました。
なんともかわいい。ほんとうにいつもかわいいかわいいってすみません。かわいいんです。
ホールにアコーデオンカーテンがあり、今回は幕を使って!登場の玉松会です。じゃじゃ〜ん。
さわぐことも無く落ち着いて集中してくれます。すてきです。すごいエネルギーを感じます。
おわっても、(あまり無いことですが)、こどもたちから、「あんこ〜る!あんこ〜る!」と、催促を頂き、(慣れてるのかな 笑)みんなでどんぐりころころ(三味線尺八伴奏で!)を歌いました。
たのし〜。
ほんとうに、この一年、貴重な勉強をさせてもらいました。
やる度ごとに、発見があり、パワーを貰い、おわって帰る足取りは軽く、本当だったら(懐も許せば)毎回祝杯でお昼ごはんを食べたいくらいで、、、仕事をせにゃなりませんから、そんなこともいえない訳ですが、、、(笑)
今年度は16園訪問できました。お産を挟んでしまってちょっと活動できない時期があったので、全園は叶いませんでしたが、来年度も1%の活動に申請を致しました。通るかどうか分かりませんが、いろいろ計画しています。
ぜひ今後とも玉松会ご支援いべんとご参加、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

保育園訪問ミニライブvol.14

久しぶりでした。今数えたら間が3ヶ月空いてしまっている。
お産をしたり、随之会演奏会をしたり、、で、動きづらかったのです。
(動きづらいのはまあ、未だにですが)
多分うちからだと、いちばんとおいかな〜というS保育園です。
保育課の方とも相談の末、2ヶ月の息子も連れて、、の訪問ですが、案ずるより産むがやすし。。
先生方に息子もついでに見て頂きながら(感謝!!!)よちよちのちびっこちゃんたちクラスからこの春小学生の年長さんまで、たくさんのつぶらな瞳に久しぶりに会う事が出来ました!
いつもどおり、楽器の紹介を三味線、尺八交互にして、小曲を交互に演奏、集まったホールはとても響きの良い空間だったので、その場でまつさんには「アメージンググレイス」をリクエスト。こういう曲だと先生方には親しみがあるし、こどもたちもゆ〜ったりなムードが生まれます。
「なすかぼ」(なすとかぼちゃがけんかするという歌詞の俗曲)のあとに、ケンカについて、そのこころについて、話して言霊信仰のかけら、名前について、のおはなしをいつもしていたのですが、なんとなく今日はせずに、、「大工と鬼六」に入りました。

こころの中にはたーーーっくさんのたねがあって、やさしいこころのたねもあれば、いたずら心のたねもある。やさしい心のたねからはみんなの好きな色のきれいな花が、いたずらいじわる心のたねからは、くろくてこわい花が咲きます。みんなのこころのお花畑にはどっちのお花を咲かせたいかと問うと、当たり前ながら「やさしいこころ〜!」って返事が返ってきます。(ここはどこの保育園でもたまこは感動する)どちらのこころも全員にあるから、もし自分の心に嫌な方のこころをみつけちゃったときのおまじないがふたつあります。と紹介。
ひとつはみんなが生まれたときつけてもらって、おじいちゃん、おばあちゃんになるまでずーっと使う「なまえ」。たまちゃんが悪い子していやな花が咲いてしまっても、「たまこさん!」て名前を呼ばれると、たまちゃんはハッと気がついて黒い花はしゅるしゅる〜って消えてなくなります。そしてよんでくれた人と、いたずらっ子のふたりのこころに、やさしいたねからの花が咲くよ。みんなのなまえはまほうのおまじないだよ。
もうひとつ、「ありがとう」っていうことば。やさしいこころとやさしい心の合い言葉。ありがとうっていわれたり、いったりすると、こころのお花畑はと〜〜〜ってもきれいなお花が咲くんだって。ってこれ、たまちゃんのおばあちゃんから聞いた話として、子どもたちに聞いてもらっていたんですが。。

今度はやっぱり話してみます。。

| | コメント (0)